プロフィール

yamasato1192

Author:yamasato1192
株式会社いえまる
取締役 兼 営業担当
山岸 悟

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産売却のウラ話③

また、久々の更新になってしまいました。

さて、

前回、「不動産売却のウラ話②」で、
売却物件を止められていた具体例をお話ししました。

では、このような物件を止める行為を防ぐための方法はあるのか?
というテーマで今回はお話ししようかと。



方法は、
あります。

単純ですが、
あります。


複数の不動産仲介会社に
「一般媒介」
で、売却を依頼すること。


「物件を止める行為」の防止策としては、
これが一番効果的です。


なぜか?

たとえば…
A、B、C社にそれぞれ、売却を依頼したとすると、
A、B、C社は、売れないと仲介手数料が入りません。
しかも自分のところを経由して売れないと、です。

そうなると、
「物件を止める」
どころの話ではなく、
率先して物件情報をほかの仲介会社にも紹介して、
とにかく自分のところを経由して契約しようとします。

この方法で、「物件を止める」行為を
ほぼ確実に防止することができます。




なんか、さみしい話ですけどねー
同業者の立場としては。

この方法の根本にある考え方は、
「不動産仲介業者は、はなから信用していないよー」
というものですからね。

この方法のデメリットを挙げるとすると…
「窓口が複数になるので、何かとやり取りが面倒」
ということでしょうか。


では…
複数の不動産仲介業者に依頼するのは面倒!
という場合、
売却を1社に専任媒介で依頼する場合で、
「物件を止める」行為を防止するには、どうするか…


売却を依頼するときに、
担当者にはっきりと釘を刺しておくのがよろしいかと。

「なんか、他の不動産業者に紹介しないような行為を
するところがあるみたいだけど、○○さんのところは大丈夫だよね!
無いとは思うけど、もしそんなことが判明したら…
どこかに相談しなくちゃいけなくなるなー。
役所に宅建指導課とかってあったよね。
窓口はそこでいいんだっけ?
面倒だからそんなことはしたくないんだけどねー」

と、満面の笑みで言っておけば、
普通の感覚の仲介業者なら、
物件を止めることはないかと思います。


まあ、ちょっと回りくどいですか…

「物件を止めないと約束してくれたら、
おたくに売却を依頼します。」
と一言いっておく、
というほうがシンプルでいいですかね。




本来でしたら、
そんなこと言う必要はないんですけどね。


ただ、先回りして言っておくことによって、
かなりの確率で、物件を止める行為を防止できると思います。



いろいろ書きましたが…

一番良いのは…

物件を止めないで、キッチリ仕事をしてくれる、
信頼できる不動産仲介業者(の担当者)に
売却を依頼すること

ですよね。


理想論ですけど。


あ、
うちは、いえまるは、物件を止めませんよ(笑)
ここまで話しておいて、当たり前か(笑)

当たり前のことを当たり前にこなすのが、
プロでしょ!
と思ってますから!

なので、
不動産の売却をお考えの方は、
是非、いえまるにお声掛け下さい。

仲介手数料も安いですから!


と、
最後は宣伝させて頂き、
このシリーズは、これにてお開き。


また何か皆さんにお知らせできるネタがあれば、
書き綴ろうかと思います。


今日はこのへんで。

では。

スポンサーサイト

<< がんばれ!ワールドカップ日本代表! | ホーム | 不動産売却のウラ話② >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。