プロフィール

yamasato1192

Author:yamasato1192
株式会社いえまる
取締役 兼 営業担当
山岸 悟

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産売却でよくある話---内覧できない!② 担当者が行方不明?

こんにちは。

いえまるの山岸です。


以前、書き込みした
「不動産売却でよくある話---内覧できない!」 
シリーズ。
過去に実際にあったいろいろな困ったケースを
ご紹介しておりますが…

今回は、
「売主側の仲介業者の担当者が行方不明?」
というケースをご紹介します。


さて、
物件をお探しのお客様から、
「この物件を見たい!」
と言われると、
まずは、その物件の売却を依頼されている仲介業者に連絡。
担当者に、内覧希望日時を伝え、
売主様のご都合を聞いてもらい、調整していく、
という流れになりますが…

たまーに、
(一時期、頻繁にありました…)
その担当者がいっこうにつかまらない、
ということがあります。

まあ、営業ですから、
外出していることは、よくあります。

帰社時間を聞いて、こちらからかけ直す、か、
伝言をして折り返しを待つ、か、
するのですが、

たまーに、
何度電話しても、全然会社にいない(ほんと?居留守?)か、
何度伝言しても折り返しが無い人がいます。

まあ、
この段階で、
「ん?これは…行方不明ケースか?」
と思いつつ、
しつこく、何度も連絡します。
伝言しても折り返しが無い場合は、
「内覧希望なので、連絡欲しい」旨、FAXしたりします。

怪しい場合は、
3回くらい立て続けにFAXしたりします。
(FAXが届いていない、と言われないように…)

1日でつかまらない場合は、
次の日も同じことをします。

で、内覧希望日時のぎりぎり(たいていは前日)まで、
同じことをします。

それでもつかまらない場合は…
仕方がないので、お客様に連絡をして、
「内覧ご希望日時までに調整ができないであろう」旨、
お伝えします。
仕方がないので、正直にお伝えします。



おかしいですよね。

私は、この業界にそこそこいるので、
このような事例にあまり驚かなくなっておりますが…
普通に考えたら、大変おかしい。

物件の売却情報を業者間のデータベース(レインズ)で
公開している目的は、
他の業者にも紹介してもらって、
案内(内覧)してもらって、
気に入ってもらったら、
購入申し込み入れてもらって、
契約するため、
ですよね。

なのに、
内覧希望日時を伝えて、日程を調整したい旨、
連絡をしている(伝言+FAX)のに、
いっこうにつかまらないのは、
「他業者には案内(内覧)させない」
意思表示以外の何物でもないのでは?


このやり方は、
「物件の囲い込み」
の手段の一つとして、
一時、頻繁にやられたことがあります。

※「物件の囲い込み」(売り止め)とは、
 自社で売主様、買主様、両方の仲介をしたいので、
 (両方から仲介手数料がもらえます)
 他の仲介業者に物件を紹介しない行為です。
 (売主様の利益を著しく損なう、やってはいけない違反行為です)
 詳細は、過去の記事
 あなたの物件、止められていませんか?
 をご参照ください。


よくまあ、いろいろなやり方を思いつくものだと、
感心(というか呆れか…)します。

で、そうなると…

やはり!
不動産の売却は、
「信頼できる不動産仲介業者に依頼する」
ことが一番大事ですね!

あ、会社よりも、「担当者」が大事ですね。


不動産売却をお考えの方は、
こんな会社(担当者)に売却を依頼しないよう、
くれぐれもご注意ください。





賃貸 売買 お部屋探しはいえまるへベル

【売買物件】 仲介手数料 無料 or 半額
【賃貸物件】 仲介手数料 30%OFF
いえまるHPはこちら↓
http://www.iemarunet.co.jp/


ちなみに…

今回の内容は、こちらのブログにも掲載しています。

不動産売却ブログ|(株)いえまる

このブログでは、不動産売却について気になることを
つらつらと綴っていますので、
ご興味のある方は、ぜひ、他の記事も読んでみてください!


スポンサーサイト

<< 味楽 別館 | ホーム | カフェ・ド・ノヴァ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。