プロフィール

yamasato1192

Author:yamasato1192
株式会社いえまる
取締役 兼 営業担当
山岸 悟

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の中心で愛をさけぶ

だいぶ前の小説ですね。

かなり流行りました。

ドラマも映画もやってました。


当時、このタイトルをよく耳にし始めたころ、
なんとなーく本屋で手に取り、購入。

基本的に、恋愛ものは読まないのですが、
流行っていたので、たまにはこういうのも読んでみようかと。

たしか、本も薄くて、文字もちょっと大きい感じでした。
「これなら、もしつまらなくてもすぐに読み終わるからいっか」
という感覚でしたが…

これが…

おもしろかった!

おもしろいというか、
感動のあらし。


本は、薄かったけど、
中身は厚かった。



主人公(さくたろう?でしたっけ)
に共感しまくり。
(おっさんのくせに、です)


若いころの純粋な、まっすぐな気持ちを思い出してしましました。


いいですよね、
まっすぐって。


シンプルさいこー。



また、
出てくるセリフと、心理描写が、
シンプルなのに(だから?)
ぐっときます。



ちなみに、
私は、本で読みましたが、
実は、映画もドラマも見ていません。

特に理由はないですが…

なんか、
こういう感動するものって、
本で読むのが一番いいかと。

映像が無いほうが。



イメージは大事です。



私の中での
「泣ける度」
は、
クレイマークレイマー
に匹敵するくらい、
高いです。


子供よりも、
大人が読んだほうが、
共感するんじゃないかなぁ。


仕事に疲れ気味の
40代、50代のおじさんとか。


癒されますよきっと。



読んだことない人は、
是非、
本で読んでみて下さい。



では。










スポンサーサイト

<< そうじ | ホーム | スラムダンク >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。