プロフィール

yamasato1192

Author:yamasato1192
株式会社いえまる
取締役 兼 営業担当
山岸 悟

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

購入申し込み

さて、今回はまじめなお話を。


いろいろ物件を見て、
買いたい物件を見つけたら、
売買契約を交わして購入するわけですが、
その契約の前にもらう書類が、

「購入申込書」

になります。

不動産仲介業者が「買付(かいつけ)」と呼んでいるものです。


この「購入申込書」の意味合いとしては、

購入の意思表示

になりますので、
原則、申込金等のお金はいりません。
(まれに申込金を預かる仲介業者もいるようですが…)

さらに付け加えると、
契約書ではないので、
撤回(キャンセル)するときに
なんらペナルティはありません。

あくまで、
購入希望者の一方的な意思表示の書面
というものです。


では…
とりあえず、申し込んじゃってもいいの?
という疑問が無きにしも非ず、ですが…

とりあえず申し込んじゃあ、いけません!

購入申込書には、
・購入希望価格(価格を交渉する場合は、これをもって行います。)
・手付金の金額
・引渡希望日
・契約希望日
・住宅ローンの利用の有無
など、実際に契約を締結するために決めておくべき、
必要な項目を記入します。


なので、
具体的に、
購入をしたい!
という時に書いてもらいます。

少なくとも、いえまるではそうしてます。


ただ、この購入申込書、
他にも重要な意味合いがありまして…

たとえば…物件を内覧しているときに、
たまに、他の不動産仲介会社がお客様をご案内しているところにかち合うケースがあります。


そうです。


あなた以外にも、その物件を検討しているお客様がいる可能性が常にあります。


で、あなたが、いざ購入申し込み!となった時に、
「既に購入申し込みが入っていて契約予定になってます。」
という事態になってしまう可能性も常にあります。


購入申し込みは、基本的に「早い者勝ち」です。
(売り主側の事情により、例外もありますが…)

なので、他の方よりも先に購入申し込みを入れる、
ということも、気に入った物件を購入するためには、必要になってきます。



うーん。


ジレンマですよね…


とりあえず申し込んじゃあいけませんが、
早く申し込まないと、売れてしまうかもしれない。


うーん…


難しいところです。



難しいところなのですが…
私の場合は、お客様に、

ご検討はじっくり、
お気持ちが決まったら素早く

と、ご案内しています。



もし、物件をご検討頂いている間に他の方から購入申し込みが入ってしまったら…
これはもう、仕方ないです。

買いたい気持ちが固まったら、あとはとにかくスピードが大事です。
不動産業者に連絡をして、購入申込書を提出しましょう。


そして!
短縮できるのはここ!


購入申込書を提出するには、
①不動産業者に連絡
②対面で購入申込書の記入
③合わせて住宅ローンの審査書類の記入
④不動産業者が売主側に購入申込書の提出
というプロセスになりますが…

この、②と③を先に済ませておくことで、
①不動産業者に連絡
④不動産業者が売り主側に購入申込書の提出
と、時間にして10分くらいに短縮できます!


具体的な例でお話しすると…

物件の内覧後、購入を検討できる物件が1件に絞られたとします。
この物件を買うべきか、やめるべきか…
2~3日検討して、結論を出そう!
となりましたら、
その物件を購入すると仮定して、
②対面で購入申込書の記入
③合わせて住宅ローンの審査書類の記入
を済ませて頂き、書類は一時こちらでお預かりしておきます。
(住宅ローンの審査は進めていきます。)

で、いざ、「買います!」という連絡をもらったら、
既に記入して頂いている購入申込書の内容を再度確認したのち、
すぐに売り主側に提出することができます。

当然ですが、「今回は見送ろう」となった場合は、
事前にご記入頂いている購入申込書は、破棄します。


このやり方であれば、
ご検討した結果、買いたい→購入申込み
の時間を大幅に短縮できます。


【ご注意】
まれに…購入申込書をお客様が「買います」と意思表示する前に、
勝手に売主側に提出してしまう仲介業者がいます。
(弊社で購入頂いたお客様からお聞きしました。)
なので、上記のやり方で購入申込書を預ける場合は、
信用できる仲介業者(というよりも担当者かな?)かどうか?
をよく吟味して下さい。
ごくごくまれに…勝手に購入申込書を作成し(偽造ですね)、
勝手に売主側に提出するような業者もいるようです。
(これもお客様からお聞きした話)
ご注意ください!



いつでも撤回可能な「購入申し込み」ですが、
物件を購入するための最初の手続きになるので、
実は、かなり重要です。

購入申込書を書く前に、いっぱい悩んで下さい。
悩んだうえで購入申し込みをすれば、
いざ、契約するときは気持ちよくはんこを押せると思いますので!

なんか…
購入申込書のご説明をするつもりが、
「購入申し込みの仕方」にすり替わっている気がしないでも…


まあ、
ご不明な点が御座いましたら、
いつでもお気軽にいえまるまでお問い合わせ下さい!


と、こんな感じで、今日は締めさせて頂きます。


では。



スポンサーサイト

<< 近くの歯医者さんが… | ホーム | 準備が大事 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。